3DプリンタやVRなど(仮)

VRアプリで作ったデータから3Dプリンタでフィギュア作ったりしたいです

スプラトゥーン2しかやってない


生活が完全にスプラトゥーン2をするか仕事をするか寝るかだけで構成されている。仕事の合間にもエイム練習してるから実質スプラトゥーン2に支配された生活になっちゃった。

楽しすぎるんだよね〜。サーモンランとか本当に無限に遊んでられる。野良でも楽しいけどフレンドとだとさらに最高になってしまう。でもあと数日でいきなりやらなくなって、フィギュア作りに戻ると思う。短期間にガーッとハマるタイプだからしょうがないね。


f:id:kawasaki_sss:20170727141657j:plain

サイズを大きくし台座と分離させ、顔と細部を修正したsans。原作のイジワルそうで邪悪な雰囲気(意味不明)を再現したいんだけど、どうでしょうか。でももう1週間くらい触ってない。がんばる。



flowey制作

仕事の事情で週に一回くらいしか帰宅しない上、3dデータ作成とフィギュアプリントアウトと塗装は自宅でしかできないので、職場にフィギュアを持ち込んでヤスリがけとパテ盛りの作業を進めてる。ヤスリがけが一番時間を取られる作業なので、別に帰宅できなくてもそんなに困らなかったりする。

そんなわけで家で一気にプリントアウトした後、職場でいくつかのフィギュアを並行作業で削るのが一番効率が良い。というわけでfriskくんと同時期に作り始めたfloweyくんを見てください。

f:id:kawasaki_sss:20170718143227j:plain 

最初に試しに印刷したfloweyくん。並べて飾った時のサイズ感にこだわりたかったので、もうちょっと大きい方がいいかなと感じた。花びらも含めてfriskくんと同じ身長にしてあげたい。彼らは最高の友達同士なので…


f:id:kawasaki_sss:20170718143515j:plain

サイズアップして花びらを修正しプリントアウト。floweyくんに至っては顔もシンプルだし細いしすぐデータできるっしょ!と予想してたけど、friskくんと同じくらい時間かかった。花びらの形をもっとゲーム内のそれに近づけたかったけど、無理があったのでこんな感じに落ち着いた。ゲーム内の花びらの角度に忠実すぎると「花」っぽさがなくなってしまうと判断したので。次回があればもっと頑張りたいね。

floweyくんを出力してる頃、たぶんかなり飲酒してたと思うんだけど「floweyくんの顔芸フィギュアも欲しいな?」と思い実行。一番好きな顔を作るぞ。


f:id:kawasaki_sss:20170718143848j:plain

30分くらい作って諦めかけたデータ。まあ似てるでしょ……思い込んでたけど、floweyくんこんなデブじゃないよね。もっと彼はスマートなんだ。

f:id:kawasaki_sss:20170718144328j:plain

30分ほどかけて気合の修正。花びらは仮だったので、先に出力したfloweyのものと入れ替えたり顔をデカくしてフィニッシュ。この顔マジで一番良くないですか? 好き。友達にこの写真送ったら「立体的すぎる」と返事があったので良かった。

f:id:kawasaki_sss:20170718144603j:plain

そして出力!! 悪い顔だ。今まで造形したものの中では一番自分のイメージ通りにできた。人間の顔は一度だけ本気で作ったので、その経験がかなり生きたと思う。どんどん作ってなんでも作れるようになりたいね…

3Dプリンタの調子があまり良くない。3Dプリンタ自身が得意な造形・苦手な造形があるのだろうけど、どうにも極端に形がズレる時がある。7万円もしたのでもう少し頑張ってもらわないといけない…

あとスプラトゥーン2が楽しみすぎて夜が眠れない。そんなの大人としていいんでしょうか





Frisk制作

f:id:kawasaki_sss:20170715135724p:plain

Papyrusと同時に主人公も作りはじめてた。彫刻してた時はこれ完璧にfriskじゃん!!と思ってたけど、冷静にみると目とか口とか間延びしてるよね。Friskくんの顔はどう作ったって怖くなる。どうぶつの森のハニワみたいな顔しやがってよ。原作が悪いんだよ(逆ギレ)

f:id:kawasaki_sss:20170715135948p:plain

そして試しに印刷。印刷してから気づいたけど胴体や頭が薄すぎた……フィギュアって横からの見た目も気にして作らないといけないのかよ!?(当たり前)

f:id:kawasaki_sss:20170715140434p:plain

修正版して再印刷(右)。顔や胴体を立体的にした。

f:id:kawasaki_sss:20170715140559j:plain

修正前(左)は体が薄すぎて蟹かと思うレベル。印刷する前にもう少し厳しくチェックしないといけないな〜  印刷してから気づくようじゃ時間の無駄すぎる。ちなみにこのサイズだと6時間から7時間ほど印刷時間が必要。

f:id:kawasaki_sss:20170715141103j:plain

そして最新の姿。papyrus に比べて複雑な部位がないのでどんどん進んでいく……これで3回目くらいのサフ掛け。もういよいよ本塗装しようかなというところ。埋めるべき傷もまだあるけど、まあ自分用のフィギュアだから適当でよいのだ。妥協すべきところは妥協して完成させて、torielママのフィギュアにとりかかるぞ。エッチなtorielママのフィギュアを俺は作るんだ。


splatoon2前夜祭

前夜祭めちゃくちゃ遊んだ。途中から友達が来てダラダラとやってたのでフェスポイントがマックスにならなかったのが残念。

あとフェス時のハイカラスクエアでヒメとイイダのスクショ撮りまくった。前作に比べるとダンスの振り付けなどかさらに凝ってて、どこを切り取っても絵になる。f:id:kawasaki_sss:20170716204015j:plain

個人的ベストショット。カッコイイ〜


そしてmediumでヒメの彫刻をした。mediumがアップデートされてたことに気付いたのだけど、恐らくアップデートが原因で5時間に3回ほどクラッシュしている。スポイトでカラーをコピーした時、レイヤーをコピーした時とかに発生した。クソすぎ。

無料のソフトだからまあ…と思ったけど、やっぱりヘコむ。オートセーブ機能もないしセーブまわりは不安定な動作が多いけど、前のバージョンでは絶対にフリーズなんてしなかった。せめて前のバージョンに戻させて欲しい。いらん機能増やさなくていい。あとスタンプも読み込み重くなりすぎ。レイヤー選択時の画面も明らかに挙動が変になった。アホか。


f:id:kawasaki_sss:20170716204515j:plain

作りはじめて1時間くらいの時点のヒメ。これから2時間後にクラッシュしたので2時間分のデータが飛んだ

f:id:kawasaki_sss:20170716204746j:plain

ある程度できてきたところで適当に色塗り。3Dプリンタで印刷する上でこの色塗りという作業は一切必要ないんだけど、まあイメージはつかめる。あと満足感がある。でもちょっと顔が怖いというか、生気がないかな…

まずpapyrus とかを完成させなければ。

Papyrus制作

3Dプリンタが届いてからいくつか試しにプリントした後、とりあえずPapyrus作ってみっか! となり制作開始。


f:id:kawasaki_sss:20170714231428j:plain

公式フィギュアとか参考にしながら作った、四時間くらいの時点の画像。Sansの次に作った。

f:id:kawasaki_sss:20170714231559j:plain

それからディティールアップ&色付け。3Dプリンタで出力する以上、データに色をつける意味は一切無いけど、テンションがあがるね。

f:id:kawasaki_sss:20170714231648j:plain

そして印刷! 強度上、全身を一気に印刷すると腕や腰が折れちゃうみたいなので、各部位に分割して印刷。Papyrusってほそいな〜


f:id:kawasaki_sss:20170714231725j:plain

ピンバイスで接続部に穴をあけ、真鍮線を刺すことで組み立てることができる。強度も稼げて色塗りもラクになるのでGOOD。あと、腕や足などの棒状のパーツは横に寝かして出力すると折れにくくなる。そんなの当たり前のことだとは思うけど、気付くのに3日かかった。縦に印刷して折れまくったんだよね最初。


f:id:kawasaki_sss:20170714231829j:plain

その後、もう一回出力しなおしたPapyrus。これが6月20日の画像なので、それから3週間はサーフェイサーを吹いて削ってを繰り返してる…けど7月14日の時点でまだ表面がガタガタデコボコ。表面処理って難しいね…

あとPapyrusの首に巻かれた朱色のヒラヒラ、スカーフかと思ったらマントなんだよな。戦闘時での立ち絵から、水木一郎のマフラー?スカーフ?みたいなのを想像してたけど、ゲーム中の後ろ姿で確認すると完全にマントだった。次回出力することがあれば修正しよう…

そろそろ本塗装して完成させたいな。他のフィギュアも同時進行で削ってるのでなかなか進まない。

はじめるよ


ブログ初めます。

自分用の記録という目的が大きいです。

ツイッターでもフィギュア作ってるの投稿してたけど、こっちでしっかりまとめておこうかなと思ったので。


フィギュア制作の流れとして、VRデバイスoculus rift」で無料で利用できる「medium」というアプリを使い、objファイルで出力後、3Dプリンタで出力。

そして出力品を加工し、塗装してフィニッシュ!という感じ。


フィギュア制作もブログも飽きて突然辞めそうな気がするけど、やれるところまでやってみます。


f:id:kawasaki_sss:20170713121304j:plain

mediumで作った、UNDERTALEのSans。

一番最初に作った3Dモデル。


f:id:kawasaki_sss:20170714231928j:plain

3Dプリンタで出力して塗装したもの。

きちんと積層痕を消してないので、目の周りなどガタガタ…